日本拳法家 心理カウンセラー タテケンのブログ  - 2009

日本拳法を中心に格闘技について




[PR]



2009年11月24日(Tue)▲ページの先頭へ
無料で総合格闘技(日拳)の試合を見ませんか?
私が所属する日本拳法道場、日本拳法黒綾館。

日本拳法は、打撃技、投げ技、間接技など格技におけるほとんどの技を
使うことが許された試合を行う、総合格闘技の草分け的存在です。

さて、来る、2009年11月29日(日)午前10時から、
神奈川県海老名総合運動公園柔道場において、

第12回黒綾館杯

が、行われます。


詳細はこちらをクリック⇒ 第12回黒綾館杯

黒綾館杯(こくりょうかんはい)とは、日本拳法黒綾館に所属する道場生の最強を
決定するトーナメントです。

身長、体重などのクラス分はなく、無差別にトーナメント試合を行います。

毎年、名勝負あり、番狂わせあり、派手な大技ありと、大変盛り上がります。
さらに今年は、全日本クラスや三段以上の高段者が多数参加しますので、
さらなる名勝負、好勝負が展開される模様です。

観戦は、無料です。

間近で日本拳法の試合を見る機会は、なかなかありませんので、このチャンスに
ぜひご覧ください。


なお、試合会場は狭いので、観戦者多数の場合は、入場制限をさせていただき
ますので、ご了承ください。




2009年11月22日(Sun)▲ページの先頭へ
ハラハラドキドキ形審査
いやはや、長いこと待たされた。

おかけで・・・

「タテケンさん。またトイレですか?」

「おお。近いのよ俺」

こちら葛飾区亀有公園前派出所の連載回数をこえるほど、トイレへ行ってしまう私。
そして、トイレの鏡の前で、形の練習をちょこっと。

そして、ついに、

「三段受験。タテケン!(実際は、本名ね)」

「ハイ!」

と、大きな声で返事をする私。
上司に呼ばれても、こんなに大きな声で返事をしません。

コートに入り、審査員席へ向かって叫びます。

「三段受験します。黒綾館(こくりょうかん)、タテケンです(何度もいうけど、実際は本名ね)」

「初めてください」

右向け右で、KRくんと相対し、互いに礼。

よし!
燃えてきた!

下の方から、ががが〜んと、アドレナリンが登ってくる。

日本拳法連盟の三段受験の形審査は、『水煙の形』をやります。

これは、二人が相対して行なう形です。
掛かりが仕掛けた攻撃を、受けが反撃をする。

木をなぎ倒し、岩をも砕く強大な水の力。

その水のごとく相手が全力で放つ強烈な攻撃を、体裁きと精妙な技の運用により、水の煙のごとく効力を失わせ、反撃し倒す。

それが、水煙の形。

とかカッコイイこと言ってますが、10パターンを覚えてやらなきゃいけないから大変なのよ。
二人での練習は、週1回しかできないし。

しかし、そこは指導してくれた館長や師範、掛かりをやってくれて一緒に練習してくれた、KRくんのためにはも、生まれてきて今までの中で、最高レベルの形をやらなきゃ日本男子ではない。

「エイ!」
「ヤー!」
「トー!」

と、始まっちゃえばあっと言う間。

技の切れも気合も充分。
自分なりに、良い形ができたと思いました。

「やれやれ・・・。」

「お疲れ様です」

「いやあ、KRちゃんありがとう。おかげで、良い感じでできたぜ」

「いえ。こっちが緊張するものですね」

「いやいや、全然充分だよ。ホントありがとう」

さて・・・無事、形審査も終わりましたが、合格発表は後ほどです。

しかし、終わっちゃったんだから、もういいよ。
ごちゃごゃ言っても、始まらない。

「太陽は、西から昇ぼらねぇ!」

次だ!

ついに、強さを試される、審査試合だ!

その前に・・・

「タテケンさん。またトイレですか?」



2009年08月15日(Sat)▲ページの先頭へ
日本新記録樹立?
地下闘技場ならな、地下3階の体育室へ下りると、

「お客さん。ごめんなさい。まだ準備中です」

飲食店でのれんを出していない状態。

他の受験する皆さんと一緒に、コートマットをひき、試合会場が2面完成した。

I師範から言われていた言葉を思い出し、KRくんを誘いコートの中で、水煙の形の練習を開始した。

一番気をつけたいのは、間合い。
普段、稽古をしてい道場では床は畳だが、今日は日拳のコートマットなので、目印となるものが変わってくれる。

何回か形練習をやっていると、I師範が不穏なことを一言。

「脇で固める関節技なんですかど、タテケンさんの締める方向が違っているようです。」

「つまり、俺の技の解釈が間違っていると?」

え?
早く言ってよ。
これで、練習して来ちゃったよ。

とか思ったが、今となってはとにかく直すしかない。

「形は○先生が担当しています。○先生は今、本部席にいるから聞いてみましょう」

大の男が三人、がん首ならべて○先生の元へ。

「あ〜。そうじゃなくて、こう脇をしめて、こっちへ力を入れる」

と、細身の○先生が親切に技を教えてれた。

しかし、武道の技とは良くできているものだ。

最小限の力で、最大の威力を出す。

ある意味、宴会でワリカン勝ちするような、お得な構造。
違うか?

「じゃあ、ちょっとやってみよう」

と、さっそくKRくんと形をやり、○先生に見てもらった。

「そうそう。それでいい」

よし!
これでまた、合格へ一歩近づいたぞ!
○先生ありがとう。
I師範もありがとう。
KRくんもありがとう。

と、ネガティブシンキング。

さっきまでの、早く言ってよな不満はどこへやら・・・。

さて、級からの形審査が始まり・・・

長え
長え〜
長え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


級の下から試験をやっていくので、午前10時から昇段級試験が始まっても、三段の番が回ってくるのは、大学病院で内科を受診するぐらい時間がかかる。

午前11時ぐらいになって、やっとこさ、三級を受験するKBさんの形審査、お昼ぐらいになって、やっとこさ、二級を受験するNさんとTくんの形審査が行われた。

しかしここで、嬉しい事が一つ。

NさんとTくんの二人形を見ていた、大学生が・・・

「お!上手い!」
「あの、気合は見習わないといけない」

とか、出番を待つ、KRくんと私の後ろで言っているでは無いか!

「ふふふ。あの二人は、私と同じ道場なのだよ」

と、オヤジ魂全開で、言いたいところをグっと我慢するタテケンであった。

そして、ついに、私の番がやってきた。

私の相手をしてくれたKRくんも社会人。仕事が忙しい中、毎週日曜日の稽古に付き合ってくれた。

そして、形の指導をしてくれた、I師範やアドバイスをくれた、SOくんやISくん、IKくん。

ここで、無様な形をやったら、タテケンの男がすたるってもんだぜ。(一応、江戸っ子なので)


また、長くなっちゃったんで、つづくと。




2009年07月06日(Mon)▲ページの先頭へ
46歳7か月の挑戦
昇段試験は、朝10時から始まる。

しかし、少しでも練習をしておきたいので、午前9時に集合した。

三段に受験して、コケ負けして、落ちた2年前。
あの時は、緊張から前夜は一睡もできなかった。

「タテケンさん。動き悪かったですね」

「怪我してたのですか?」

道場仲間が心配してくれたが、

「まあ、俺の実力はこんなものでしょう」

と、言っておいた。

「睡眠不足で体が動かなかった」

そんな言い訳が、喉まで出かかったが、それを言っちゃー御仕舞よ、な、フーテンの寅さんの心境だった。

そして今日。
昨夜は5回ほど目が覚めてしまったが、寝てない訳ではない。
体も重いという感じはしない。


オリンピックや世界選手権で勝つような選手は、必ずどこかを怪我しているものだ。
それを織り込み済みで、最高のパフォーマンスを発揮したものが勝つ。

たまたま運よく、調子が良い日に昇段審査を受けて、勢いで合格して本物といえるのだろうか?
少々の体調不良でも合格するぐらいでなければ、本物の実力とはいえない。

そうなのだ。
2年前の私は、落ちるべくして落ちたのだ。


御茶の水にある某大学のリバティタワー。
地下2階にある、体育館へと私たちは降りて行った。

地下2階の体育館が、着替え場所になっていた。
入るとすで、どう見ても私よりも20歳は若い、若者たちがマッチョな体をさらけ出し、道着へと着替えていた。

「タテケンさん。血糖値あげておきますか?」

今日、形審査の相手をしてくれるKRくんが、チョコレートをくれた。

「おお!ありがとう!」

チョコレートを口に含み、道着に着替えると、めらめらと下の方から何かが上がってくる感じがした。
昔からそうなのだが、ここ一発のとき、私の体は、下の方からめらめらと何かが上がってくるのである。

それは恐らく、アドレナリンなのだろう。


「よし!やってやるぞ!」

私は、道着に着替えて、昇段審査が行われる地下3階体育館へ続く、階段を降りていった。
口の中に残った、チョコレートの香りが、アドレナリンを増幅してくれる感じがした。


2009年07月04日(Sat)▲ページの先頭へ
46歳7ヵ月の三段挑戦
2年前。
私が三段を落ちた半年後。

35歳(だったと思う)の道場の後輩が、見事三段に合格。

これが嬉しいかった。

彼も私と同じように、社会人から日本拳法を始めた。
そして、私と同じ道場で強くなっていった。

他の後輩も、どんどん強くなっていく。

数人が初段に受かり、二段に受かるのも出てきた。
そして、三段に受かる者も・・・。

しかし、昇段する者は20代、そして30代前半。

三段に受かった者は、大学時代に日本拳法二段を取っている。

そんな状況で自分を顧みると、今年6月28日の段階で、46歳と7ヶ月。

それで、男性ホルモンが耳から垂れてきそうな、現役の大学生体育会系を相手に試合をして勝たなければならない。

無理か?
不可能か?

「タテケンくん。もういい加減歳なんだから、指導に回ってくれ。
 やっばり年取ると、体にくるぞ。俺も最近、膝が痛くなってきた」

と、館長の親心の囁き。

「ケンさん。もう充分実力があるからええやんか。
 それに、推薦で段もらった方が、お金もかからんで」

K師範の悪魔のささやき。(関西弁)

悩む私に喝入れてくれたのは・・・

初段、二段、三段に昇段していた、道場の後輩たちだった。

入門したてはあんなに弱かった奴らが、試合では自衛隊員や機動隊員と互角に勝負し、時には勝つ。

「そうだ。俺は普段から、こんな奴らと練習を積んできたんだ」

そう考えてい時、さらに強力な助っ人が現れた。

Iくんが、私の所属する道場へ入門して来たのである。

Iくんは現在、金融機関に勤める社会人。しかし、数年前の大学時代には、団体戦で日本一を取っている猛者。

もちろん、彼と戦っても私は全く歯が立たない。
コケ負けが、続いた。

しかし、髪の毛が立つぐらいは私の技が利き始めた。

「これたけのメンバーと練習をしている以上、そう簡単には負けない。
 俺に勝ちたかったら、スーパー・サイヤ人でも連れてこい!」

そして、昇段審査の日を迎えたのだ。


2009年06月29日(Mon)▲ページの先頭へ
日本拳法の三段受験
三段に挑戦!


2009年6月28日に行われました、日本拳法連盟商談審査会におきまして、私は三段に挑戦いたしました。

三段の試験は、形審査と防具試合審査の二つで行われます。

午前9時に、御茶の水ある某大学に集合。

今回、三級を受験するKBさん。
二級を受験するNさんとTくん。
形審査が二人で行う形なので、私の相手をしてくれるKRくん。
そして、I師範。

私を含めて六名で、昨日の試験に挑戦しました。

私が受験する三段は、形審査で合格し、そして防具試合審査で10ポイントを上げなければ、合格となりません。
片方だけ合格でもオーケー。その場合は、後日、不合格となった方を再挑戦することができます。

防具試合診査では、受験者同士、すなわち二段同士で3試合を行います。
勝つと3ポイント。引き分けなら1ポイント。負けなら0ポイント。
一本を取ると1ポイントがもらえます。

2分間三本勝負なので、2本とって勝てば、勝ち点の3ポイントと合わせて5ポイントとなります。
つまり、3試合中2試合に2本とって勝てば、合計10ポイントとなり、防具試合診査めでたく合格となるのです。

また、例え試合に負けたとしても、一本を取れば、1ポイントとしてポイントをもらえる事になります。

さらに、審査員が±5ポイントを加減することができると。

強くて試合に勝っているけど、日本拳法としての技を使っていないとか、礼法がなっていない、態度が悪いなどだと、最大で5ポイント減点される場合があります。

また、試合には負けたけど、技はしっかりしている、相手が強すぎるなどといった場合には、最大で5ポイント加点される場合もあるのです。

ごちゃごちゃ言っちゃいましたが、ようするに3試合やって2試合を合計4本取って勝てば、文句なしに合格ということです。

実は私、二年前に三段を受験しました。
そして、ぼっこぼっこに落ちました・・・。

形はまるでダメ。

防具試合試験では、オール2−0で負け。一本も取る事ができませんでした。

他の道場の方が三段に受かったと話を聞いて、俺でも受かると甘くみたんですね。

道場内でちょっと強くなって、調子に乗っていました。

井の中の蛙。
胃の中のピロリ菌。

お恥ずかしい限り。

当時、三段に落ちた私は、自分の能力に限界を感じていました。

「俺は、二段までなのかなぁ。
 あとは、年齢ともに推薦で段位を上げていくのかなぁ」

段位が上がるのは、推薦と言う手もあります。

「この人は、おっさんだから体力的にきつくて試合で勝てないけど、技術的に充分、
 三段の実力があるよ」

と、館長から推薦していただいて、段位が上がっていくのです。

それしか無いのかなと・・・

(つづく)


2009年05月19日(Tue)▲ページの先頭へ
腹筋を割る。超簡単な方法。
腹筋割りたいストーカーからメールがありました。

あ、失礼!
ストーカーとは、会社の後輩です。
会社にはこのブログは秘密。知っているのはと、仲の良いストーカーの後輩(笑)と、美人系の派遣社員ぐらいですね。

私は、某大手(と自分で言うのも、何ですか)の自殺とうつ病の多い、IT企業に勤めています。

以前、SEをやっていて、医者から「運が良かったですね。危なく過労死するところでした」と、言われるほど働いていました。
今でも、片道1時間40分。往復3時間20分の通勤に耐え、この不景気のおかげで残業は20時間程度に押さえつけられた生活をしています。

そんな中、会社ではダイエットとかフィットネスとかのサークル会長をやったりしています。

で、ストーカーの後輩。マジで私のネットストーカーなんですね。(笑)

私がブログを書けば、必ずメールがやってくる。

前回のブログについても、メールがやってきました。

「タテケンさん。相変らずマッチョですね。
 僕も今、筋トレやってるんですけど、全然、筋肉つきません。

 夏までに、腹筋割りたいんですけど、筋トレのコツみたいなものはありませんか?」

よし!
教えてあげよう!

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

筋トレのコツとは・・・・

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓

 ↓


やっぱ、教えるのやめた!

なぜなら、どうせ、やらない!

と、言う内容の返事を書いておきました。

ちょっといじわるですが、どうせ、あいつはタテケンストーカー。
このブログを読んでいるでしょうから。

おーい!
読んでるかー!

某金融機関に勤める彼女は元気か?

お客さんの女子社員と、合コンやって、彼女作ってんじゃねーぞ!


と、言うことで、こちらで筋トレのコツをお話しましょう。

まず、筋トレの目的をはっきりさせること。

「とにかくマッチョになりたい!」

「細マッチョでもオーケー!」

つまり、見た目重視。

「パワーを付けたい!」

「スポーツの競技能力向上です!」

つまり、機能重視。

さあ、タテケンをストーカーしている、某IT企業のバンキング系の
事業部で働く君よ!

某金融機関で働くOLを彼女にしている君よ!

今年の夏は、彼女に腹筋見せびらかしたい君よ!

どっちだ!

どっちでも良いけど、競技能力を向上させるような筋トレは、なかなか
難しい。
一瞬の脊髄反射で、マックスパワーを出すような筋肉を作るのだからね。

関節や神経系統との連動など、コントロール機能も一緒に鍛えないといかん。

お勧めは、初動負荷トレーニング。
なんだけど、初動負荷のマシンが置いてあるジムは限られている。
五反田にあるけど、通わないだろう。

まあ君の場合、

「腹筋割りたい!」
「彼女に、凄いと言われたい!(あ、言ってない?)」

とか言っているのだから、見た目重視なんだろう。

現代の若者は、見た目重視だからな。

となると、筋肉が大きくなる、すなわち筋肥大に効く筋トレを
お勧めする。

簡単にいえば、成長ホルモンがばんばん出るのが良い。
筋肉がどんどん、バルクアップしちゃうぞ!

となると、加圧トレーニングとか、スーパースローなんかが
良いだろう。

ただし加圧トレは、これまたできるところが限られているし、
お金もかかる。
加圧ベルト高いしね。

俺だって、初動負荷や加圧やってみたいけど、金も暇もない。

そこで、お勧めがスーパースロートレーニングだね。

俺は3年ほど前から、スーパースロートレーニングを筋トレに
取り入れた。

1年前からは、筋トレについては、スーパースローしかやって
いない。

しかも、仕事の気分転換にスキマ時間を理由して、空いている
会議室や人気のない夕方の食堂で、ちょこっと1分ほどやってる。

それで、このカラダ!今年、47歳。


ってな話は、ストーキング済みか?

スーパースローだとスピードが落ちるというけど、あれは大間違い。
俺自身、日本拳法をやっていて、スピードが落ちるどころか
突きも蹴りも速くなった。

しかも、腕が5センチぐらい太くなった。

これで、昭和37年生まれ。(寅年、さそり座)




と、いうことで、腹筋を6個に割りたいみたいな、筋肥大を狙うなら、
成長ホルモンがばんばん出る筋トレがお勧め。

なんだど、またメール来そうなんで、ついでに調べておいたけど・・・。
アマゾンで良い本ないかと調べたけど、無いんだな。これが。

筋トレの本は沢山あるし、成長ホルモンのことも書いてあるけど、
具体的に、どんな筋トレをやったら良いかが書いていない。


で、結局、これなんか、お勧め。成長ホルモンがばんばん出るやり方を
やっている。

クリックして、見ておいて。

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 

成長ホルモンがバンバン出て、筋肉がどんどん大きくなる筋トレ方法

でも、値段が高いんだよね。
合コンを2回がまんしたと思って、買ってみてくれ。

1年間、いつでも返金してくれるんだから、今から夏までやって、納得いくほど
筋肉が発達しなければ、返金してもらえば良いだろう。

こういうマニュアルって、結構簡単に返金してくれる。
返金しない場合、決済会社へ苦情を申し立てると、販売中止になっちゃうそうだ。

だから、返金は必ずしてくれる。

では、君の幸運を祈っているぜ。

ところで、次回の合コンには、俺も誘うように。(笑)




2009年05月14日(Thu)▲ページの先頭へ
夏までに細マッチョ
おはようございます。
タテケンです。

あたたかく、なってきましたねー。

日曜日。
道場での稽古後のビールがうまい!こと!
よく冷やしたグラスにビールをそそぎ、グイっと飲めば、ノドでをとおる泡の一粒一粒がはじけていくのがわかるほど!

最高ですよね。

しかし・・・。
なぜか、今年は、稽古後にビールをのむことがほとんどありません。

今年になってから、黒綾館のホームグランドである、綾瀬市民スポーツセンターがリフォーム工事中。
そのため現在、毎週日曜日は、海老名市総合運動公園内の武道場で稽古。

朝9時からです。

去年までは、毎週日曜日は午後5時からがおおかったんですよねぇ。
ですから、自宅へかえって風呂にはいり、午後8時にはビールを飲んでいるという毎週のルーチンワーク。

現在は、午前9時から稽古やって、居残り稽古もふくめても、午後12時には稽古終わり。

さすがに真っ昼間からはねぇ。アルコール依存症でしょう。

それに、このボディ!




あ、ちょっと自慢はいっちゃいました。恐縮です。

トレーニングジムへ行くのをやめて、かれこれ、じきにまる3年が経過します。
それでも、このボディ!




失礼しました。
恐縮です。

今年で私は、47歳なんで、もう少し落ちつかないと・・・。
46歳で、普通のサラリーマンが、このボディ!




しつこい・・・。

って、言うか私も男ですので、やっぱりカッコよくいたいなぁと思うわけです。

それで、3年ほど前まで、綾瀬市市民スポーツセンターのトレーニングジムへ、週1回かよっていました。
週1回では、少ないようにも思いますよね?
しかし、週1回でも充分な筋破壊を起こせば、筋肉は発達させられるものなのです。

そんな私に困難が立ちはだかりまして・・・。

金もないし時間もないと。
トレーニングジムへいけば、400円ですが金がかかる。
そして、1回いけば往復のみちのりを入れて、2時間ちょいの時間もかかる。その時間で仕事をしてお金を稼いだほうが良いかなと。

「う〜ん。仕方ない、ジムはやめるか・・・」

となったのです。

しかし、日本拳法を続けていくうえで、筋力はアップさせたい。
強くなりたいですからね。

それに、カッコイイ体型(自分でいうな!)は、維持したい。

もっと、胸板を厚くしたい。


もっと、肩の筋肉を盛り上げたい。

もっと、腕を太くしたい。

もっと、腹筋を割りたい。

そこで得た私の答は・・・

「一日の中の、スキマ時間をりようしよう!」

例えば、私は通勤時間が、片道1時間40分かかります。往復で、3時間20分を通勤に使っていますが・・・。
ホームで通勤電車を待っている、スキマ時間で筋トレ。
通勤電車の中で、つり革やてすりに捕まっているときに筋トレ。

仕事にいきずまったとき、背伸びをしたり、タバコを吸ったり(私は6年前に断煙ずみですが)と、気分転換をするわけですが、そのとき、1分間、簡単な筋トレをやります。

「え!1分間?」

ええ、そうです。種目によっては、3分ほどかかるものもありますね。

そうやって、毎日のスキマ時間を使って、ちょこちょこと筋破壊を起こしていくわけです。

そして、超回復の期間もしっかり設ける。
こうやって毎日、あっちこっちの筋肉をちょこちょこ筋破壊を起こしては、超回復で鍛えていく。

その結果・・・

このボディ!




マジしつこいのですが・・・。

私はねぇ。あなたにあきらめて欲しくないのですよ。

仕事が忙しいくなってくると、途端にあきらめてしまう人がいます。

「黒帯をめざしていたのですが・・・。仕事が忙しくて道場へいけません」

「トレーニングなんて、やっている暇も金もありません」

いえいえ、筋トレに暇も金も必要ありません。

必要なのは、モチベーションと知識とアイデア。

モチベーション、知識、アイデア。

この3つは、人のチカラを借りずに、自分一人でなんとかなってしまうものなのです。

人のチカラを借りた方が、楽ですけどね。


今年47歳になる、往復通勤時間が3時間20分の多忙なサラリーマンでも、
このボディ!



絶対に、あなたもできます。
細マッチョになれる!


モチベーション、知識、アイデア。
この3つを駆使して、正しい、筋トレをやってください。

正しい筋トレですよー!
正しい筋トレとは、筋破壊を起こしては、超回復で鍛えていく筋トレ。

今からやれば、今年の夏は・・・

細マッチョ!

パーフェクトボディ!


って、ケビン・コスギは今いずこ?


2009年05月11日(Mon)▲ページの先頭へ
この道場。人大杉

「タテケンさん。ブログ更新してないじゃないですか!」

なにを!

この野郎!

日拳の鉄面つけていて、前歯を折った野郎が一丁前に!

俺から、一本取れるようになってから言え−!


とか、思ってしまう、今年47歳。いい加減、落ちつけよ!な、タテケンです。

このブログをご覧のみなさん。お元気でしたでしょうか?

どんどんどんどん、時間は過ぎてしまい、神奈川県大会での感動を味わっているうちに、なんだか凄い状況になってきました。

凄いと言うのが、日本拳法黒綾館の状況。
毎週、木曜日と日曜日に練習をやっていますが、これが大盛況。

大人と子供を会わせて、毎回、40人以上が参加しています。

黒綾館のホームは、綾瀬市スポーツセンターのオンボロ体育館。
あれって、噂によると、大和市体育館とか座間市の体育館、海老名市総合運動公園の体育館よりも、どうやら若いらしい。

つまり、綾瀬市スポーツセンターは、一番最後にできた一番新しい建物ということ。

え?
歳を食いすぎだろ!

タテケン若かりしころ、ピンク映画なるものがありました。

「団地妻○○○」

とか、

「女高生○○○」

みたいな、大きな声では言えない、大きな声で言ったら社会的地位を失うような、題名がついていたものだが・・・

「え?この顔の小じわで女子高生?」

な、方が出演していものです。

頼むよー。綾瀬市。

なんで、一番新しい建物が、小じわまじりの女子高生なんだよー。

あれ?
こんな話をするつまりでは無かったのだが・・・。

そうそう、小じわまじりの女子高生の綾瀬市スポーツセンターが、現在、プチ整形中です。ようするに、リフォーム中です。

そのリフォーム。プチ整形ならぬ○○姉妹なみの全身整形とのこと。

よって、丸1年かかるそう。
なんせ、空調設備もまともについていない、良くいえばエコロジー、悪く言えば廃墟一歩手前みたいな体育館だったもので。

昔、よく筋トレをやりにいったが、真夏のジムは貸し切り状態。

おっさんが一人来たと思ったら、

「うへ〜。暑い〜」

と、一言残し出ていってしまったこともあったと・・・。

なんにしても、あと7ヵ月ほどでリフォーム工事終了。
整形が上手くいくと良いね。

さて現在、黒綾館では木曜日は、藤沢市の秋葉台文化体育館、日曜日は海老名市総合スポーツセンターで練習を行っています。

ここの所の黒綾館の充実ぶりについては、次回お話ししましょう。

アデュ!

って、何人だ?俺は?


2009年03月07日(Sat)▲ページの先頭へ
日本拳法神奈川県大会にて
今日は、日本拳法神奈川県選手権試合が行われています。

もちろん私も試合に参加!

と、言いたいところですが、本部のお手伝いをしています。
一応、立場上お手伝いをしなければなりませんので。

でもねぇ。う〜ん・・・。
試合に、出たい!

なんせ、今、こうしてこの文章を書いている横で、熱戦が繰り広げられています。

「オリャ!」

とか聞こえるんですよね。

そろそろ、幼稚園児〜大人まで、各クラス各試合の決勝戦が始まりますね。

私が所属する黒綾館は、子供が準優勝が一人、三位四人、敢闘賞が二人。
そして、女子の部ではなんと優勝!

神奈川県最強主婦誕生!
ちなみに、この最強主婦の娘さんも、小学1年生の部で準優勝。

素晴らしいですね。

一般男子でも、二人が準決勝へ進出しました。
しかも、一人は大学拳法上がりではなく、社会人になってから初めた方。
これまた、素晴らしい。

団体戦は残念ながら、予選リーグ敗退でしたが、二チーム出すことが出来ましたからね。

こうして、本部席の裏側の控え室で、こっそくとパソコン使って表彰状を印刷しているかいがありました。

でも、やっぱり試合に出たかった。
しかし、昨夜、鼻づまりがひどくてほとんど寝ていないので、試合に出ても老獪をさらすだけで終わっていたでしょうね。

ところで、日本拳法の場合、基本で教わる気合は「えい!」と「やー!」です。
だけど、試合では、「あー!」とか「胴!」とか叫んでいます。

基本がおろそかという訳でもないんでしょうけど、ちょっと納得いかないような。

まあ、どっちだって良いか。

今日の試合は、怪我人も一人も出ていませんし。

まだ、成人男子の級の部、段の部、団体戦の決勝が終わっていませんが、猛者ぞろいなので、このまま平和に終わるのではないかと。



   




新着トラックバック/コメント

私は現在48歳です。79kgありましたが、63kgへダイエットして日本拳法をはじめました。

通勤時間3時間40分の多忙なサラリーマンですが、自分のペースで日本拳法を続けていきます。

2009年6月28日、ついに三段を取りました。

カレンダ
2009年11月
         

アーカイブ
2004年 (8)
7月 (3)
8月 (1)
9月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2005年 (19)
4月 (3)
5月 (1)
6月 (1)
8月 (6)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2006年 (21)
1月 (1)
4月 (3)
5月 (6)
6月 (5)
7月 (2)
8月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2007年 (2)
3月 (1)
6月 (1)
2009年 (10)
3月 (1)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
11月 (2)
2010年 (6)
1月 (3)
8月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2011年 (10)
1月 (1)
2月 (3)
4月 (1)
5月 (1)
9月 (1)
12月 (3)
2012年 (3)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
2014年 (4)
5月 (1)
12月 (3)
2016年 (1)
4月 (1)

アクセスカウンタ
今日:109
昨日:300
累計:623,997