日本拳法家 心理カウンセラー タテケンのブログ  - 2011/12

日本拳法を中心に格闘技について




[PR]



2011年12月26日(Mon)▲ページの先頭へ
徳大式面での稽古、翌日。
クリスマス・イブにデビューした徳大式面。

24日(土)と25日(日)と、徳大式面で防具稽古をしてみました。

防具稽古をやった翌日は、色々とあっちこっちが痛いのいつもの事。

これがね。
日本拳法の醍醐味でもあるんだけど。(どんな醍醐味なんだか)

首がね。
楽なんだなぁ。

土曜日も日曜日も、意識して顔面のディフェンスを甘めに戦ったんで、
いつもよりも直撃を顔面にもらっている。

こんな感じたと、普段は首が痛いとか、痛くないまでも、なんか曲げ
ずらい感じになる。

それが無い。

徳大式面はマジで良いです。

日の丸カッコイイし。



ちなみに、右側のマークは、黒綾館のマークとなっています。


2011年12月25日(Sun)▲ページの先頭へ
徳大式面をつけて戦うと
歳も押し迫ってきました。

今年も一年、あっというまでした。

やり残したことも色々あるけど、それはあと少しの日に
がんばってやると。

それでもできなければ来年やればよいと。

もちろん、お客さんが待っているなら別ですが。

と、言う事で、あのウワサの徳大式の面を購入しました。

火曜日に注文したら、

「今、在庫あるから」

と、翌日届きました。

お客さんを待たせない!
素晴らしい!

面金は道場のお古です。
黒綾館も設立20年を超えたのかな?

そんなだ経っているので、面布団が次元大介のマグナム
喰らったような状態。

「館長。ボロの面は使わないってよね?1個もらっていいっすか?」

「修理する話しも出てるから、マネージャーに聞いてくれ」

「マネージャー。俺も来年、この世に生まれて半世紀。そろそろ
 楽したいんで、徳大式防具にしたいんだけど。
 ボロい面をもらっちゃっていい?」

「館長がいいならいいでしょ。
 タテケンさんが使ってみてよかったら、他のボロいのも中身だけ
 変えましょう」

いよ!

さすが関東一の道場、黒綾館。

太っ腹だー。

まあ、ここら辺はさ。支部長&Webマネージャ特権ということで。

面からボロボロ布団を取って、徳大式の衝撃吸収マットを付け
はじめたのだが…。

あれ?
部品があまった。
皮のベルト2つと、テレビの整理番組でおなじみの結線テープ。

さっそく、徳大式販売店のYさんへメール。

早ぁ!
すぐ電話あり。

「ホームページに乗ってるんやけど。
 今の人らは面のつけたかが、まちごうとるんよ。
 皆、面金の横のベロところで結んでるやろ?」

「そうですね」

「そうやのうて…」

「あ、なるほど。ホームページよく見てみます」


で、なんとか組み込めたのが、こちら。



うーん。いいなぁ。
こりぁあ。いいなぁ。

カッコイイ…。

これは、愛着がわくなぁ。

さて、問題は装着してのショック吸収性能だよね。

というとこで、付けてみると…

あれ?
軽いな。

軽く感じる。

だけど、キツイ
キツすぎる。

で、さっそくメール。

即、電話。

「付けたもあるんで、ホームページを見て」

あ、本当だ。

で、ホームページの手順に従って、おでこを合わせて、
横のショック吸収パットの位置を変更してみると…

ちょいきつめだけど、ぴったり。

下向いても落ちないぐらい、ぴったり。

で、紐を結び装着。

今すぐ、防具稽古したいなと思いつつも、顔を手で
叩いてみると…。

正直、それほど強力にショックを吸収している実感がない。

わからん!!

とにかく、防具稽古に使って見ることだなぁ。

と、昨日24日クリスマス・イブの土曜日。

「良し!今日、徳大式面デビュー!」

喜んで道場へ行き、見せびらかす私。

「おー!買ったぜー!」

「徳大式ですか!」

「そうなんでよ」

「なんかカッコイイイな」

「しかも、ネーム入り(笑)」



「あー。これは欲しくなっちゃなぁ…」

と、今年入門して、先日3級をとったK山さん。

このK山さん。私が徳大式グロープを買って使い始めたら、
徳大式グローブを即購入した方。

「お金ためて買います!」宣言。

さて、昨日、ついに徳大式面で防具稽古をやりました。

つけるとやっぱり軽く感じる。

まずは、Oさんと防具試合。

動くと益々、軽く感じる。

おそらく、顔に面がジャストフィットしているためだと
思います。

首をふると軽く感じるんですよね。

ちょっとよけるの甘めにして、顔にパンチをもらうと…

「ありぁ?確かにこれは楽だ!」

さらに、某大学から出稽古にきている、Kくんの相手をすると…。

「おおー!楽だよー!いいよー」

本日、今年最後の日曜日の稽古に、徳大式面もっていきました。

さっそく、K崎さんに見せびらかす。

「買ったぜ、徳大式。しかもネーム入り(笑)」



「あ、いいな、コレ」

「こんなネームもあるんだよ。(笑)



「すげえ!カッコイイ!」

「軽いですね」

と、K田さん。

「うん。付けてみても軽いんだよね」

「ますます、タテケンさんの動きが見えなくなりますね」

「ん?そう?(にやり)」

本日の稽古は、残念ながら参加者は少なめで、12名ほどが防具を
付けていました。
だど、10名は黒帯、二段も三段もいる。

楽しいなー。
日拳は。

猛者が集まっているので、徳大式面の性能を試すにはもってこいの
環境。

私も、できるだけ面を打たれるように、いつもより深めに踏み込む
ように心がけてみました。

あったねー。何発か顔面直撃が。
カウンターの相打ちもをあった。

でも、やっぱ楽だなぁ。

殴られた衝撃がゼロというわけでは、決してありません。

いいのもらうと、顔の前から後ろへ、ざわっと水が流れるような
感じがするものですが、それが無いです。

もちろん、良いのをもらえば、それなりの衝撃があります。
だけど、その衝撃が頭の中まで響かないと言う感じ。
バン!と、顔の前で衝撃が消える感じ。

これはお勧めです。

でも、顔を殴らせるのは、今日のみです。


2011年12月03日(Sat)▲ページの先頭へ
徳大式グローブ
ちわっす。
久しぶりのブログです。

本業も副業も忙しく、資格試験に挑戦したりと、忙しい毎日を過ごしていました。

日本拳法は、相変わらず。
支部長になってからは、土日の稽古は皆勤賞という感じです。
(道場の飲み会で、二日酔いのとき以外は)

さて、日本拳法修行者なら、誰もが気になる徳大式防具。
私も以前から気になって気になって…。

しかも、私が所属する日本拳法黒綾館では、徳大式防具が流行っています。
マイ防具を買う人のほとんどが、徳大式防具を買っているような状況。

そんな状況の中でも、

「まあ俺ももう49歳だし。防具稽古をやるのも後数年だろう」

と、思っている私。
日拳初めて16年間、道場の共用防具で過ごしてきました。

それが今週になってふと思いました。

「まあ俺も、もう49歳だし。防具稽古をやるのも後数年だろう」

この思い。
40歳になった頃から思っていたんですよね。

「まあ俺も、もう40歳だし。防具稽古をやるのも後数年だろう」

ええーと、ああそうか。
あれから、9年たっちゃいました。

改めて、自問自答。

「俺は、あと何年防具稽古やるか?」

10年は、絶対にやるだろうな。

そしてもう一つ思う事が。

女房と娘が、バドミンドンをやっている。
バドミントンラケットって、1万5千円ぐらいして、寿命は1年ぐらい。
使用量にもよるが、2年もたてば折れる。

って、事はさ。

徳大式防具よりも高いもの。

じゃあ俺が買っても良いだろうと。

ということで、注文しました徳大式グローブ。
面はまた今度で、まずばグローブにしました。

注文して翌日には、届きました。



しかも、最新バージョンが届きました。

さっそく装着しまして…。




後悔しました。

物凄く、後悔しました。

「なぜ、今まで俺は、徳大式グローブを使わなかったんだ!」

と、強く後悔しました。

グローブを装着して、すぐに徳大式グローブの素晴らしさを
実感しました。
私は手が小さいほうです。既存のグローブをつけると、綿の
詰まった袋に手を突っ込んだような感じでした。

それが無い。
素手に近い感覚。

左構えにして、左ジャブ。
右ストレート。

「あれ?軽い」

いつものグローブよりも、軽く感じる。
素手とまではいかないけど、素手でパンチを出している感覚に
近い。

凄い!!

だけど、こんなに軽くて規定違反じゃないのか?
日本拳法のグローブ規格の8オンスを超えているのか?

不安になって、徳大式グローブ開発者の方へメールすると、
電話がかかってきました。

「8オンスっていうと230グラムぐらい。
 送ったNサイズは、280グラムぐらいあるから問題ないですよ」

「あれ?やたら軽く感じるんですけどね」

「それは、バランスの問題なんや。
 グローブがぴったり付いているし、バランスが良いから軽く
 感じるんですよ」

な・る・ほ・ど〜。

いや〜、マジでもっと早く使えば良かったと後悔しました。

今日の稽古でさっそく防具稽古で使ってみると…

面を全力で殴っても全然痛くない。

しかも、掴める。
グローブをはめたまま、相手の腕を掴める。

もちろん、簡単にふりほどかれてはしまうが、この感覚は
普通のグローブではありえない。
ましてや、おろし立ての新品のグローブが、ここまで
柔らかいのはありえない。

くそ〜。
マジで、もっと前から使っていればよかった。

明日、12月4日は、黒綾館の最強を決める年に一度の試合、
黒綾館杯が開催される。

徳大式グローブで優勝を狙います。

ちなみに、右手には、明鏡止水の文字、


左手には、風林火山。


もう手放せないな。






   




新着トラックバック/コメント

私は現在48歳です。79kgありましたが、63kgへダイエットして日本拳法をはじめました。

通勤時間3時間40分の多忙なサラリーマンですが、自分のペースで日本拳法を続けていきます。

2009年6月28日、ついに三段を取りました。

カレンダ
2011年12月
       

アーカイブ
2004年 (8)
7月 (3)
8月 (1)
9月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2005年 (19)
4月 (3)
5月 (1)
6月 (1)
8月 (6)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2006年 (21)
1月 (1)
4月 (3)
5月 (6)
6月 (5)
7月 (2)
8月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2007年 (2)
3月 (1)
6月 (1)
2009年 (10)
3月 (1)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
11月 (2)
2010年 (6)
1月 (3)
8月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2011年 (10)
1月 (1)
2月 (3)
4月 (1)
5月 (1)
9月 (1)
12月 (3)
2012年 (3)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
2014年 (4)
5月 (1)
12月 (3)
2016年 (1)
4月 (1)

アクセスカウンタ
今日:111
昨日:300
累計:623,999