日本拳法家 心理カウンセラー タテケンのブログ  - 2012/06

日本拳法を中心に格闘技について




[PR]



2012年06月24日(Sun)▲ページの先頭へ
黒帯を取ると、人生が変わる?
本日、2012年6月24日。
日本拳法神奈川県連盟平成24年前期、昇段級審査会が実施されました。




っちゅうか、さっき帰ってきたばかりって感じです。

いや〜疲れた、疲れた…とか言っている私。

受験していません。

それどころか、スタッフなのに遅刻してしまいました。
しかも、事務局長なるものをやっているのに…。

この場を借りて、お詫びいたします。

さて、私は受験しませんでしたが、日本拳法黒綾館の「いつかタテケンを叩きのめしてやる!」と考えいてる面々。

大人が6名。子供が10名受験しました。

さて、結果は!

全国連盟へ報告をする私は、もちろん知っています。

黒綾館の面々は、合格したのか?






























ナイショ。

来週の稽古で発表といきましょう。


日本拳法連盟の昇段級審査は、子供は形のみ。大人は形と試合によって行われます。

私が日本拳法を始めたころは、形はオマケみたいな感じ(とかいうと、偉い先生に怒られちゃうのですが)だったのが、いつの間にか重要視されるようになった。

主人公の筋肉マンより、ラーメンマンの方が人気でちゃったようなものかな?
違うか。


考えてみれば、私も日本拳法を始めて今年で17年だもんなぁ。しみじみ。

33歳で初めて、36歳でやっとこさっとこ黒帯。

「タテケンくん。君なら初段うかりそうだから、受けてみたら?」

と、高校生のころ柔道の先生からいわれました。
私が通っていた都立高校には、柔道の授業がありまして。

あ、そういえばあの柔道のT先生は、すでにネーム入りの四角い石になっちゃったんだよね。

合掌。


学生やってるころは、武道の黒帯のありがたみみたいなものは皆無。
「部活でやってりゃ、誰でもとれんじゃないの?」みたいな感じ。

これが社会人になっちゃうと、武道の黒帯をとるよりも、カラオケで100点出す方が簡単みたいね。
なかなか難しい話になる。

もちろん人によるけど。

「あれ?こいつなんでこんなに強いの??」って、人はいるにはいるが、普通の30代、40代のメタポリック世代には、武道の黒帯を取るより、社長になる方が簡単かも知れない。


それだけに、普通の人が黒帯とると、人生が変わるほどインパクトがある。
見える景色が変わってくると、言ったらいいかな?

黒帯を取るころには、技の術理がわかるようになる。
初めて教わる技の仕組みというか、本質というか、そういったものが判るようになる。

どうやら、そういった感性が身に付くようだ。

この感性というのが重要。
自分がどういう状況なのかが、判るようになる。

自分の弱さを知る。
その自分の弱さをどう強くするのか?みたいな事を考えられるようになる。

「このままじゃいけない」とか「俺は何のために生まれてきたのか?」みたいな事も考えるようになる。(俺だけか?)

大人になって黒帯を取るということは、それぐらい人生にインパクトがある。(俺だけか?)


   




新着トラックバック/コメント

私は現在48歳です。79kgありましたが、63kgへダイエットして日本拳法をはじめました。

通勤時間3時間40分の多忙なサラリーマンですが、自分のペースで日本拳法を続けていきます。

2009年6月28日、ついに三段を取りました。

カレンダ
2012年6月
         

アーカイブ
2004年 (8)
7月 (3)
8月 (1)
9月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2005年 (19)
4月 (3)
5月 (1)
6月 (1)
8月 (6)
9月 (2)
10月 (1)
11月 (3)
12月 (2)
2006年 (21)
1月 (1)
4月 (3)
5月 (6)
6月 (5)
7月 (2)
8月 (2)
11月 (1)
12月 (1)
2007年 (2)
3月 (1)
6月 (1)
2009年 (10)
3月 (1)
5月 (3)
6月 (1)
7月 (2)
8月 (1)
11月 (2)
2010年 (6)
1月 (3)
8月 (1)
11月 (1)
12月 (1)
2011年 (10)
1月 (1)
2月 (3)
4月 (1)
5月 (1)
9月 (1)
12月 (3)
2012年 (3)
4月 (1)
5月 (1)
6月 (1)
2014年 (4)
5月 (1)
12月 (3)
2016年 (1)
4月 (1)

アクセスカウンタ
今日:105
昨日:300
累計:623,993